こだわりのチョコレート

  • 2017.12.16 Saturday
  • 13:44

 

 

みなさまこんにちは。

 

土曜日の午後、いかがお過ごしですか?

大掃除中の方も、年賀状を書いている方もいらっしゃるのでしょうか?

12月は晴れが続いて気持ちがいいですね〜

 

 

さて本日は、「CROSSCOFFEE chocolate&sandwiches」

chocolateのこだわりについて語りますよ〜!

 

 

 

開店時からのメニューである、チョコレート。

メニューに書いてあるのはこれだけなので

どのようなものか、わかりずらいですよね。

 

 

そこで

こだわりを3つ、ご紹介いたします!

 

 

【その1 : 材料へのこだわり】

 

フランスのカフェには必ずあるというホットチョコレート。

この濃厚なチョコレートドリンクを再現したい!

ということで、日本で食べなれているものではなく

ベルギーチョコのCALLEBAUT(カレボー)社を使用しています。

http://www.callebaut.com/ja-JP

 

 

 

原材料もシンプル。

(ちなみに...当店で焼いているガトーショコラもこのチョコレートを使用しています。)

 

 

しっかりとしたカカオが味わえるこのダークチョコレートを、

牛乳と少しの砂糖を合わせ1杯のドリンクにしています。

 

 

 

【その2 : 作り方】

 

チョコレートを一度溶かし牛乳と混ぜる工程、

なめらかな舌触りに仕上げるのに必要不可欠なのが乳化です。

 

この、水と油が混ざり合った状態にする乳化はコツがあり、

チョコレートの温度が高すぎると分離の原因になってしまい、

牛乳とチョコレートの温度が離れすぎていても、うまく乳化ができないのです!

 

 

と、このような理由で

ご注文を受けてからチョコレートをお出しするのが他のお飲み物より遅いのです....!!!(言い訳)

 

 

【その3 : エスプレッソのような濃厚さ】

 

チョコレートドリンクと聞くと、

ちょっと濃いめのココアかな?

 

と思われるかもしれませんが、これが全然違うのです。

一口ずつ濃厚なベルギーチョコが味わうことができます。

例えるならばエスプレッソ。体を起こしたい時にもオススメです。

 

 

 

以上3つのこだわり、いかがでしたでしょうか?

 

 

実は、もっとチョコレートのメニューを増やそうと開発もしているのです!

クロワッサンで王道のパンオショコラを作ってみたり、

今のチョコドリンクをもっと濃厚にしたチョコレートダブルを作ってみたり...

(こちらはスタッフ内で賛否両論。わたしは好きなのですが..)

チョコレートダブルは、飲むというより口に流すようなかんじで

ディップにするなど食べ物にしたほうがいいのでは..と、試行錯誤をしています!

 

 

 


パンオショコラ試作中のスタッフ。(あだ名、イタさん)

 

 

 

 

みなさんはどんな風にして食べるチョコがお好きですか?

数種類のチョコセットをコーヒーと一緒に...

なんていうのも贅沢ですよね!

あとでイタさんに提案してみようっと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CROSSCOFFEスタッフ一同、

みなさまのお越しをお待ちしております♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 
 
 
 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM