どのようなコーヒーがお好き?

  • 2017.12.10 Sunday
  • 12:28

JUGEMテーマ:コーヒー

 

 

 

みなさまこんにちは!

 

 

突然ですが、みなさまはどのようなコーヒーの飲み方がお好きですか?

気分や体調によって、甘くしたり濃さを変えたりできるのはコーヒーの魅力のひとつですよね。

 

 

 

(左がフレンチロースト、右がシティローストのお豆。

焙煎度が上がる分、水分が抜ける為、

豆に含まれるオイルが目視できるくらいテカテカしてます。)

 

 

 

 

本日は、お客さまの飲み方をみていて感じた、

国別のコーヒーの趣向についてつぶやきます。

 

 

 

 

1ショットのエスプレッソにお砂糖をたっぷりいれて一気に飲む

というイタリアの飲み方は有名ですが、

 

 

 

 

先日、お仕事でアメリカによく行かれるというお客さまが、

アメリカでは、底の見えるくらい薄いコーヒーばかり飲んでいるから

日本のものはどこも濃く感じるとおっしゃっていたのに驚きました。

 

 

アメリカーノやアメリカンコーヒーがあるくらいですものね。

薄いコーヒーを大きいマグカップで飲む..というかんじでしょうか。

 

 

ところでアメリカーノとアメリカンコーヒーの違いはご存知ですか?

アメリカーノはエスプレッソをお湯で薄めたもの

アメリカンは浅煎りの豆で薄く淹れる、もしくはコーヒーをお湯で薄めたもの

 

 

当店ではアメリカーノがメニューにあります。

アメリカンに比べ、ほどよく苦みが味わえますよ!

 

 

 

 

 

コーヒーは飲みたいけれど、濃いのは苦手..

という方は、シティローストのドリップコーヒーを薄く淹れることもできますので

ご注文時に仰ってくださいね!

 

 

 

フランスはどこのカフェに行ってもたっぷり注がれたカフェオレがメニューにあるそう。

コーヒー消費国の上位を占める、北欧の国々は浅い焙煎ですっきりとした味が好まれるそうです。

 

 

海外へ行くことがあればカフェメニューの違いを探すのも面白そうですね!

 

 

 

 

ちなみに..わたしは喫茶店にあるウィンナーコーヒーが好き!

濃いエスプレッソに、液面がみえなくなるくらい甘い生クリームをたっぷり!

(ちなみにウィンナーコーヒーは和製英語で、海外ではアインシュペナーが近いそうです。)

 

 

 

同じように、生クリームの甘さがお好きな方は

CROSSCOFFEEでは、カフェモカがオススメ!

 

生クリームは少なめなのですが、チョコレートがエスプレッソと混ざり...

苦みと甘みを堪能できる1杯です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM